グレインフリーキャットフードランキング!1位に輝いたのはどの商品?

“キャットフードはグレインフリーの方が良いよ?“

と聞いてグレインフリーのキャットフードを検討中のあなた!

一言にグレインフリーのキャットフードと言っても結構たくさんあって、選ぶのが大変だったりしませんか?

そこで今回は、選んで間違いなしのグレインフリーキャットフードについて紹介していきたいと思います!

猫ちゃんも安心!グレインフリーでおすすめのキャットフードランキング!

いきなりですが、グレインフリーで評判も高いおすすめのキャットフードについてご紹介していきたいと思います!

今回ご紹介するグレインフリーにキャットフードは、下記の選択基準に基づいて紹介しています。

1:継続しやすいコストのキャットフード

2:猫ちゃんの食いつきの評判を意識したキャットフード

3:飼い主さん評価の良いキャットフード

それではさっそく1位から見ていきましょう!

第1位 Orijen キャット&キトゥン 1.8kg

第1位はOrijen キャット&キトゥンです。

まずは簡単に特徴をまとめてみたのでご覧ください。

Orijen キャット&キトゥン
価格 5,443円
原材料 放し飼い鶏肉・放し飼い七面鳥・太平洋サーモン・ノーザンウォールアイ・巣に産み落とされる卵・果実と野菜
タイプ ドライ
対象年齢 全年齢対象
特徴 防腐剤不使用!新鮮な天然の原材料を使用していて安心!
天然のアミノ酸100%
ビタミンやミネラルのバランスがバッチリ!

Orijen キャット&キトゥンは、Amazonや楽天などのECサイトによる口コミ評価が非常に高く、多くの愛猫家さんの人気を集めている商品です!

使用している原材料がお肉と魚なので、タンパク質やミネラル分を両方摂取することが出来ます。食いつきの良さにも定評のあるキャットフードですから、グレインフリーのキャットフードを選ぶ人はこれで間違いなしです!

第2位 アカナ パシフィカキャット 1.8kg

第2位はアカナ パシフィカキャットです!

さっそく価格や原材料などをチェックしてみましょう!

アカナ パシフィカキャット
価格 3,900円
原材料 太平洋ニシン、太平洋イワシ、アブラカレイ、ニシンミール、太平洋タラミール、シロガネダラミール、丸ごとグリンピース、赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、緑レンズ豆、タラ油、シルバーヘイク、レッドストライプメバル、ピント豆、イエローピース、コールドプレスヒマワリ油、日干しアルファルファ、 乾燥ブラウンケルプ、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、パースニップ、グリーンケ―ル、ホウレン草、カラシ菜、カブラ菜、ニンジン、レッドデリシャスリンゴ、バートレット梨、フリーズドライタラレバー、クランベリー、ブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ごぼう、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ
タイプ ドライ
対象年齢 全年齢対象
特徴 魚メインのキャットフードで新鮮!
猫ちゃんの健康に優しい低炭水化物で高たんぱく質!

3,900円と安い価格ですが、使っている原材料が新鮮なものばかりなので品質が非常に高いです!ただ、魚ベースのキャットフードとなってしまうので、肉食のほうが好む猫ちゃんには少し合わないかもしれませんね!

とはいえ、タイへようで取れた魚の新線がウリで、コストパフォーマンスの高さはバッチリです!ぜひ、以前から魚ベースのキャットフードを食べさせている人は、アカナ パシフィカキャットをお試しください。

第3位 クプレラ ホリスティックグレインフリー・キャット 1.81kg

最後に3位として紹介するのはプレラ ホリスティックグレインフリー・キャットです。早速、価格や原材料を紹介していきたいと思います。

クプレラ ホリスティックグレインフリー・キャット
価格 2,994円
原材料 魚類( ギンヒラス、シロギス、豪州真ダイ)、 サツマイモ、 魚油、 藻類(昆布)、 モンモリロナイト、 ユッカ、 白菜、 アルファルファ、 炭酸カルシウム、 チコリ、 活性酵素、 プロバイオティクス(好酸性乳酸桿菌、機能性酵母、陽性桿菌)、 多糖類、 必須アミノ酸(タウリン、 アルギニン、 ヒスチジン、 ロイシン、 イソロイシン、 バリン、 リジン、 メチオニン、 フェニルアラニン、 スレオニン、 トリプトファン)、 ビタミン&キレートミネラル( カロテン、 塩化コリン、 ビタミンE、 鉄、 ビタミンA、 亜鉛、 ナイアシン、 葉酸、 チアミン、 ビタミンB6、 マンガン、 ビタミンK群、 ヨウ素 )
タイプ ドライ
対象年齢 全年齢対象
特徴 魚中心のキャットフード!
豊富なビタミンで栄養バランスがばっちり!
食後のトラブルが不安な方でも安心して試せる!

クプレラ ホリスティックグレインフリー・キャットはギンヒラスやシロキスと言った消化の良い白身魚を使用しているので、消化不良で困っている猫ちゃんにおすすめです!

また、価格も今回紹介したキャットフードの中ではもっとも安い価格となっているので、価格の面で継続できるか心配している飼い主さんにおすすめです!

グレインフリーのキャットフードを選ぶ理由って何?

お気に入りのグレインフリーキャットフードは見つけられましたか?

今度は、そもそもどうしてグレインフリーのキャットフードの方が猫ちゃんにとって好ましいのかを紹介していきたいと思います。

そもそもグレイン(穀物)が猫ちゃんに合わない

猫ちゃんは元々肉食動物なので、グレイン(穀物)を摂取すると消化不良を起こしてしまう可能性があるんです。そのため、下痢を引き起こしてしまったり、吐いてしまったりと猫ちゃんの体調に悪影響を及ぼす恐れがあります。

※加熱処理した少量のグレイン(穀物)なら消化することが可能です。

グレイン(穀物)をアレルギーとしている猫ちゃんが多い

また、まれにグレイン(穀物)をアレルギーに持つ猫ちゃんも多く、猫ちゃんの体に大きな悪影響を与える恐れがあります。

もちろんグレイン(穀物)以外のアレルギー成分がキャットフードに入っている可能性もあるのですが、少しでもアレルギー物質を避けた方が良いに決まっています。

そういった意味でもグレンフリーを選ぶことは大切になってくるでしょう。

まとめ

猫ちゃんの体に優しいグレインフリーのキャットフード。

アレルギー症状や消化不良を起こして合わないと悩んでいる人はぜひ、グレインフリーのキャットフードをお試しください。

その際に、今回ご紹介した継続できる価格や、食いつきの評判、そして猫の飼い主さん評価の高いものを選ぶことが重要です!

ぜひ、猫ちゃんに素敵なご褒美をあげてくださいね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャットフードを徹底比較!最も使用可能な範囲が広い商品とは