どんなキャットフードなら安全?危険な商品の見極め方とは

みなさんは、キャットフードの中に危険な商品が紛れていることをご存知ですか?

すべてのキャットフードが安全とは限りません。

コストを考え、安価なキャットフードを与え続けていると将来的には猫が病気にかかりやすくなってしまう可能性もあるのです。

今回はそうした危険なキャットフードの特徴や、逆に安全性の高いキャットフードをいくつかご紹介していきますね。

愛猫へ安全なキャットフードを与え、少しでも長生きできるように私たちが支えていってあげましょう。

安全なキャットフードの見極め方

ではさっそく、安全なキャットフードの見極め方からお伝えしていきます。

次のようなキャットフードを選ぶと、安全性の高いキャットフードを見つけ出すことができますよ。

4Dミートや肉副産物が含まれていない

まず、安全なキャットフードを選びたい時にできるだけ避けたいのが4Dミートや肉副産物を使用しているキャットフードです。

4Dミートとは、もう既に死んでしまっている動物の肉や、障害・病気を持った動物の肉を指します。

こうした肉は人間が食べ物を購入する市場に出回っていなくても、キャットフードにはひっそりと含まれていることがあるのです。

また、肉副産物は動物の脳や体内の臓器、さらには毛や羽、糞尿などまで含まれています。

こうしてどんなものが含まれているか見ただけでも、なんだか気持ちが悪くなってきてしまいませんか?

このような肉が原因で、猫がアレルギーを発症してしまったり、病気にかかったりするリスクが上昇してしまいます。

そのため価格がやけに安く感じるものや、原材料にミール・肉副産物と書かれたものはできるだけ選ばないようにしましょう。

グレインフリーかどうか

元々肉食動物である猫は穀物を消化するのが苦手で、穀物を与えてしまうと下痢や嘔吐などの症状を起こしやすくなります。

さらにアレルギーを発症してしまう可能性もあり、猫にとっては有害。

そんな穀物が含まれていないキャットフードを選ぶことでも、愛猫の健康を守ることができますよ。

ちなみにキャットフードで使用されることのある穀物にはとうもろこしや小麦粉などがあり、これらの原料が含まれていないものであれば安全性が高くなります。

添加物を使用していない

安全なキャットフードを選ぶ時は、添加物が使用されていないかどうかという点も重要なポイントとなります。

特に酸化防止剤・着色料などが使用されていると愛猫に害を与えてしまう危険があり、安全性は低くなってしまいます。

その添加物の詳細に関しては、次項で詳しくご説明していきますね。

安全性が低いキャットフードに含まれている添加物

ここからは安全性が低いキャットフードに含まれている添加物をいくつか挙げていきます。

以下のような添加物は危険なものが多く、注意が必要です。

酸化防止剤

酸化防止剤として使われることのあるBHA・BHT。

これらの添加物にも発ガン性があり、ずっと愛猫へ与え続けてしまうと病気にかかる可能性が高くなり、危険です。

ですからこういった添加物が含まれていないかどうかもよく確認しておくようにしましょう。

着色料

着色料には発ガン性があるだけでなく、アレルギーを引き起こす原因にもつながります。

そうした着色料の種類はたくさんありますが、多くの着色料は○色○号と書いているのが特徴です。

ですから着色料が使用されていないかどうかも見て判断しながら選ぶようにしてみてくださいね。

エトキシキン

強い発ガン性を持つエトキシキン。

その他にも腎臓や肝臓が弱まりやすくなったりと、猫の体へたくさんの害をもたらします。

そんなエトキシキンは4Dミートに含まれていることがあり、愛猫が病気にかかるリスクを高めてしまうのです。

そのためエトキシキンや4Dミートが使われていないかチェックしておくようにしましょう。

コレを選べば後悔しない!安全なキャットフード

ここまで危険なキャットフードの特徴をお伝えしてきましたが、次のようなキャットフードであれば安全性が高く、安心して愛猫へ与えていくことができますよ。

モグニャン

内容量 1.5kg
主原料 白身魚(63%)
特徴 l  着色料・香料が無添加

l  グレインフリー

l  人間でも食べられる食材のみを使用

モグニャンは猫の食いつきや体の健康を考慮して作られた、安全性の高いキャットフード。

メイン食材には猫が喜ぶ白身魚が豊富に使用され、栄養面にも優れています。

先ほど挙げた危険な添加物の着色料や穀物も無添加となっているので、不安を抱えずに愛猫へ与えられるキャットフードとなっていますよ。

カナガンキャットフード

内容量 1.5kg
主原料 チキン(60.5%)
特徴 l  穀物・人口添加物不使用

l  高品質な原料だけを厳選して配合

穀物や人口添加物を一切使用していないカナガンキャットフードは、安全なキャットフードを探している飼い主さんにとてもおすすめのキャットフードです。

主原料にはチキンが使われていて、動物性のタンパク質をしっかりと摂取することができますよ。

さらにカナガンは栄養バランスが良く、猫の体に必要な栄養が偏る心配もありません。

安全で優れたキャットフードを探している飼い主さんにとって、すごく理想的なキャットフードと言えるでしょう。

シンプリー

内容量 1.5kg
主原料 サーモン(31%)
特徴 l  合成着色料・合成保存料を使っていない

l  グレインフリーで愛猫の消化不良をカバー

サーモン・ニシン・マスの3種類を使ったシンプリーは、とても高タンパク質。

また、合成着色料と合成保存料が使用されていないのでガンなどの病気にかかるリスクを低下させることができます。

そんなシンプリーは動物栄養学者と共同で開発されたこともあり、注目を集めています。

安全面を考慮し、ぜひシンプリーを愛猫へ与えてみてくださいね。

まとめ

安全なキャットフードと危険なキャットフードの違いは伝わりましたか?

危険性の低いキャットフードを選ぶことで、愛猫の寿命を延ばすことにもつなげることができます。

あなたも安全なキャットフードを選び、大切な愛猫を見守っていってあげてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャットフードを徹底比較!最も使用可能な範囲が広い商品とは